読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横浜(神奈川)のボーカルスクールの【ボイストレーニングブログ】

横浜(神奈川)ボーカルスクール【横浜歌の学校】-ボイストレーニングブログ

ボイストレーニング日記Vol.26「ボーカルトレーニングの入り口」

ボイストレーニング日記 ボイストレーニングへの向き合い方・メンタル・マインドセット

私はボーカルレッスンの内容を大きく分けて2種類に分けています。
それは

  1. 自分の声を磨き上げていく事がボイストレーニング
  2. 歌唱時の歌唱指導を行う事がボーカルトレーニング

今日はその2つのうちの②を中心にお伝えします。

テーマは【ボーカルトレーニングの入り口】をお伝えします。

 

 【ボーカルトレーニングの入り口の3つ】

ボーカルトレーニングは、様々なやり方がありますが、はじめの入り口はこの3つからスタートしています。

①音程

まずは音程です。音程が外れていては、歌に感動するしない以前の問題です。まずは音程を合わせられるようにしていきます。
特にアーテイィスとさんの曲をカバーするとき、聞き手によって聞き方が変わるので、大なり小なり勘違いして覚えてしまっています。それらを訂正して音程を外さないようにして歌うことを指導します。

 

②リズム

歌唱する際、本人に極端に無理のあるリズムの楽曲を選択している場合は、選曲を変更していきます。自分が自然に乗れる楽曲からスタートすることで、無理のない歌唱指導を行うことが出来ます。
 

③言葉のイントネーション
言葉にはイントネーションがあります。言葉のイントネーションを大切に歌唱出来ているかをチェックします。

 

【ボーカルトレーニングは入り口が大切】

 歌唱することの基本姿勢を徹底的に叩き込むために、ボーカルトレーニングは入り口が大切です。はじめから、かっこよく唄おうとしてしまう人も少なくありませんが、自分の個性を育てるためにも、最初は不器用でいいので歌に向き合う基本姿勢を崩さないようにしてください。歌に向き合う基本姿勢に関しましては以前の日記でお伝えいしたのでリンクを記載しておきます。

yuuichivoice.hatenablog.com

 

執筆者

d.hatena.ne.jp