ボイストレーニングブログ

ボイストレーニングを行っていると色々な質問を頂きます。一つ一つに真摯に向き合ってきた内容を記載しています。

ボイストレーニング日記Vol.25「効果的な練習のやり方

歌や発声の練習をしてもなかなかうまくいかない。

こんな経験はありませんか?

 今日は頑張って練習しているけどうまくいかない方へ効果的な練習法をおつたえします。

25歳  シンガー希望の女性の例

彼女は自分に自信がない女の子でした。練習してもなかなか上手くいかず悩んでいました。

 

どんな練習をしてるんだろ

彼女がどんな自主練習をやっているのかを知るために、家でやってるいる通りにやってもらいました。すると。。。

 

失敗すると止まる

自分がまちがえた!と思ったところはまちがえた瞬間そこで歌が止まってしまっていました。


失敗しても止めてはいけない

失敗したところで止めると、「次は間違わないようにしなければならない」というプレッシャーがかかるとともに、悪いところを治すというところにフォーカスした練習になります。これでは悪いところへの意識がどんどん高くなり、悪いイメージの上塗りになってしまいます。

 

出来たところの感覚を大切に

ということで彼女にはこのように伝えました。「できている時の感覚を大切にして、出来ている時の感覚のまま苦手なところを通過するようにやってみて」そうすると最初はぎこちなかったものの、数回やり直すごとにどんどん良くなっていきました。

 

練習のやり方一つとっても伸びる練習とそうでない練習方法があります。
自分なりの伸びる効果的な練習法を探してみてください。

 

執筆者



横浜(神奈川の)ボーカルスクールでボイストレーニング【横浜歌の学校】