読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横浜(神奈川)のボーカルスクールの【ボイストレーニングブログ】

横浜(神奈川)ボーカルスクール【横浜歌の学校】-ボイストレーニングブログ

ボイストレーニング日記Vol.17「滑舌が悪い・舌ったらず」

発音 プロアーティストへのボイストレーング ボイストレーニング日記

ボイストレーニングと聞くと発声だけを考えがちですが、ボイストレーニングの大切な要素として、発音があります。

 

今回はその発音関連の中でも「舌ったらず」な発音に関してお伝えします。

20代女優の方の例

ある作曲家の方のご紹介で、お預かりした女優の方を例にお話したいと思います。

 

その方は「サ」行と「ラ」行が苦手でした。

 

原因は舌の先

色々発音聞いていると、全体的に舌の先を使った発音が苦手で、その分類が上手く出来ていないようでした。そこでこのような課題を出しました。

 

毎日朗読する

毎日文章を朗読する課題を与えました。特に注意するのは、タ行、ラ行、サ行、ナ行、それに母音を、丁寧に発音する事が条件です。

 

特別力を入れたり、無理に口を開ける必要はありません。それぞれの発音をする際、舌の先の動きが微妙に違うことを感じながらゆっくりやってもらえれば大丈夫です。

 

発音は詳しく学んだ事がない

発音が治った所でその方に感想を聞いてみると、「よく考えたらこれまで、発音を細かく学んだ事がなかった」と気づいたと言っていました。

 

学校でも細かいところまでは学ばず、周りの発音をききながら発音を覚えていく事が多いので、周りがどのように発音しているのかに依存してしまうのが普通だと思います。

 

発音が悪いと歌詞が上手く伝わらなくばかりか、聡明さも失われてしまい説得力にかける歌になります。

 

自然で明瞭な発音を心掛けるようにしてください。

 

執筆者

d.hatena.ne.jp

▷ボイストレーナーMr.Voice(古川雄一)のボイストレー二ングオウンドメディア