読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横浜(神奈川)のボーカルスクールの【ボイストレーニングブログ】

横浜(神奈川)ボーカルスクール【横浜歌の学校】-ボイストレーニングブログ

ボイストレーニング日記Vol.23「プロの自主練習」

ボイストレーニング日記 ボイストレーニングへの向き合い方・メンタル・マインドセット

今回のボイストレーニング日記のテーマはプロの自主練習です。

 

昨日、ボーカルディレクションを担当しているシンガーさんの新年会にお邪魔してきました。サポートスタッフ一同が、今年の目標を共有し、コミュニケーションを取り合いました。

 ▷横浜のボーカルスクール【歌の学校】(PR)

その時に出た話の中で、シンガーさんの自主練習の話になり、まさにプロの自主練習だなと感心した内容がありましたので、お伝え致します。

 

20代メジャーシンガー

その方は20代で今、メジャーシーンで大活躍しています。私はそのシンガーさんのボーカルディレクションを担当しているのです。毎回歌で課題が出るたびに、私が課題部分のピアノを弾いて、シンガーの方はそれを録音し、自主練習しているのです。

 

周りが迷惑する程の自主練習

新年会で同じテーブルについていたのは、ライブの舞台監督をされているダンサーの方と所属事務所の役員の方でした。

3人で例題のシンガーの話になり、

ダンサー「あいつは毎日練習している。この前も海外に合宿にいったとき、ずっとやってた、とにかくうるさい笑」

役員「そうそう、事務所でもずっとやってる。あと、移動ちゃのタクシーの中でもずっとやってる、私も一緒にやらされる笑。でも古川さんあいつ程、古川さんのディレクションをものにしている奴いないでしょ、どうですか?」

私はその通りです。と大きく頷きました。

 

私も被害者

私もそのシンガーさんの自主練習現場に何度も遭遇しています。タクシー乗車中にいきなり練習音源を流し始め、練習し始めるのです。因みに音源には私の声も入っています。タクシーの運転手さんが「ミュージシャンの方ですか?」と聞いてくる始末です。

 

変態的に練習できるか?

私がお伝えしたいのは、周りの迷惑をかえりみるな、ということではありません。節度は大切です。お伝えしたいのは、自分の技を磨くために変態的に練習出来るのか?という事です。

 

そのシンガーさんはとにかく歌を上手くなることに対して純粋無垢!まっしぐらに進んでいきます。常に純粋に音楽に向きえる。これは簡単な様でとっても難しいものです。

 

アーティスト志望の方へ参考になれば何よりです

執筆者

d.hatena.ne.jp