横浜(神奈川)のボーカルスクールの【ボイストレーニングブログ】

横浜(神奈川)ボーカルスクール【横浜歌の学校】-ボイストレーニングブログ

音程の取り方

レッスンを行う上で、音程を合わせることは、重要なポイントです。

私がボイストレーニングを行う上では、音程に関して細かくチェックしていきます。

その中でも今回は、音の高さの聞き方に関しての事例です。

※音程とは音と音の高低差をさす意味もあるのでこれより文末までは音の高さを音高と表記します。

 

某有名プロダクションで新人開発中の男性歌手の方の事例です。

担当のディレクターの方から、歌っているとどうしても音が暗くなる。とのオーダーを受けてのボイストレーニングでした。

 歌を聞いてみると確かに少し暗い。

本人の本来の声は明るいのにこれは勿体無いということで、音高の取り方をお伝えしました。

 

まずピアノの鍵盤を叩くと、音が出ます。

その音を聞いて音高を聞き取る練習です。

 

一見簡単な作業に見えますが、実は音高を聞き取るにはコツがあるのです。

 

ピアノの音は伸びていくと最後の方に音が少し変わる所があります。

ピアノを叩いた瞬間の音ではなく、音が伸びて少し変化した時の音高を耳で捉え、それに合わせて発声を行っていくのです。

 

最初は慣れなくて違和感がありますが、発声練習を続けていく中で受け止められるようになっていきます。

 

音高の捉え方がよくなると、自然と発声も上手くいく様になります。

 

是非根気強く、練習してみてください。

執筆者紹介

▷横浜上大岡のボーカルスクール|歌の学校

プロ志望専門の横浜ボイストレー二ング|VoiceArtProjectY

ボイストレーナー古川雄一のオウンドメディア